視力回復!各種キャンペーンを実施中!<品川近視クリニック>

2007年11月12日

レーシック手術とは?

視力回復手術レーシック」とは、マイクロケラトームとよばれる機械で角膜の表面を薄く削りフラップ(ふた状のもの)を作った後に、めくって、そこにエキシマレーザーを照射し、角膜の一部を破壊し除去する手術方法が今のところ一般的です

角膜の一部をを除去し、めくった後は、フラップを元に位置に戻し、フラップが自然に接着するまで(約2〜3分)待って手術は終了と、短時間で終わります


角膜中央部が薄くなるため、角膜の曲率が下がり(凹レンズを用いたのと同じ効果)、近視が矯正されます

また、検眼のデータをもとにレーザー照射を調節することで乱視も矯正可能なんです

レーシック手術には、何種類かの方法がありますので、こちらも参照して下さい

手術直後から視力回復効果が現れます!




posted by 視力回復 at 08:02 | 視力回復手術 レーシックとは?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。