視力回復!各種キャンペーンを実施中!<品川近視クリニック>

2006年11月16日

レーシック私の体験談

 私は、アメリカで約2年前に視力回復のために、レーシック手術を受けました

 それまでは、ずっとメガネコンタクトを使用していましたが、不憫さに悩んで決断

 朝起きれば、まず始めにする事は、ベッドの横のサイドスタンドからメガネを手探りで探す事から始まりました(笑

 そして、やっと視界が戻って朝の準備

 休日は、大好きなサーフィン(波乗り)に行くんですが、ここでは勿論コンタクトを使用

 最悪は、海の中でコンタクトが外れた時です

 片方のコンタクトが外れたら、もう遠近感が全くありません
だから、海から上がってもう一回新しいコンタクトを付けるか、今日はそこで終了です

 そして、メガネやコンタクトを使っているとお金がかかります

視力が下がってくれば、メガネを買い替えてコンタクトも在庫がなくなったらオーダーをして、目薬だのって考えると年間に何十万も。。。。

 そこで、私の周りでは皆目が悪い人はレーシックを受けていたのと、病院が沢山あったので、検索す事に

 金額的な事や、病院のフォローなどを含めて視力回復のために決断しました

 事前に、病院での目のチェックと手術の日程を合わせて数回病院へ

レーシックは、話では聞くけど実際にはやはりドキドキ

 手術の当日前夜は、お酒は飲んでは駄目ですが他には特に禁止事項はなく、レーシック手術を終えてからも、数日は飲酒は×
 シャワーも、2日は駄目ですが、その後はゴーグルをしてなら○

 寝るときも1ヶ月は、ゴールを掛けて寝ますが特に問題はなかったです

 そして、海に入るのは半年間は駄目なんです

 レーシック手術当日は、目薬で麻酔をかけて、少し時間を置いて手術台に行くと、15分程度で終了

 手術中は、レーザーの「カチカチ」と音が聞こえ、焼けるような音と焦げ臭い臭いがしますが、全然問題なし

 あとは、もう帰って終わりです

 金額的も私は、日本でやるよりもはるかに安く受けられてと思いますが、値段ではなく、精神的な安心感のおける病院とフォローがしっかりした先生にお任せするのが、一番だと思います

 レーシックは、私は本当にやって良かったと思ってますし、今も順調です

 視界がクリアーで、世界が変わったとしか言いようがありません

海に行っても、こんなに海って青かった?綺麗だった?って

 もし、また目が悪くなっても絶対にレーシックの再手術します

 その頃には、また技術が発展して新たな手術方法が見つかっていると思いますが^^;
 



視力回復 レーザー(レーシック)手術のTOPへ戻る
posted by 視力回復 at 08:39 | 視力回復 レーシック 体験談
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。