視力回復!各種キャンペーンを実施中!<品川近視クリニック>

2006年11月16日

レーシック手術(フェイキックIOL)永久コンタクトレンズ

 視力回復の手術でも、レーザー治療が難しいといわれてきた−10D以上の強度近視の方や、現在の近視・遠視・乱視の度数に対して、角膜の厚みが不足している方、この治療法によって、大幅に視力を回復することが可能になります

目の中に、レンズを挿入する方法です

眼内に挿入するレンズは、交換の必要がなく、一度挿入すれば長期にわたり矯正視力を維持することができ、将来的に、レンズを取り除くことも可能です

レンズを取り除いてしまえば元の眼に戻りますが、強度近視や強度乱視の場合、レーシックと組み合わせることで、より良い視力を得ることが可能です

この視力回復の手術方法は、適応される方とそうで無い方がいますので、下記を参照して下さい

・18歳以上の方
・過去1年間で、視力の変動がほとんどない方
・強度近視・遠視などで、レーシックなどのレーザー屈折矯正治療が難しい方
・体の病気のない方
・眼の病気のない方

などです


このような内容から、「永久コンタクトレンズ」とも呼ばれています




視力回復 レーザー(レーシック)手術のTOPへ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。